星川清司さん、08年に死去=実は5歳年長で直木賞受賞最高齢に(時事通信)

 直木賞作家で脚本家の星川清司(ほしかわ・せいじ、本名清=きよし=)さんが2008年7月25日に肺炎のため東京都内の病院で死去していたことが9日、分かった。86歳だった。
 星川さんは東京都出身。映画「眠狂四郎」シリーズなどの脚本を書いたほか、小説「小伝抄」で1990年に直木賞を受賞した。
 家族によると、これまで生年を26年と公表してきたが、実は21年で、同賞受賞時は68歳だった。日本文学振興会によると、65歳で受賞した古川薫さんの最年長記録を更新することになるという。 

【関連ニュース】
清水一行さん死去=「動脈列島」など経済小説
西島大氏死去(劇作家)
小出保子さん死去(絵本作家)
翻訳家、作家の柴野拓美氏死去

政権公約「基本は変えぬ」=小沢民主幹事長(時事通信)
「玻は平易な文字でない」最高裁、出生届認めず(読売新聞)
あのSFやファンタジー小説はこんな環境で書かれた…著名作家たちの書斎いろいろ
<阿久根市>運営巡り議員怒鳴り合い…市議会特別委(毎日新聞)
米寿祝いの宴会費ひったくり=67万円入りバッグ−名古屋(時事通信)
[PR]
by 2hclqvr4xv | 2010-04-13 18:41
<< 15歳未満の脳死判定基準を明記... <携帯電話不正利用>規制強化で... >>