桑名市課長を逮捕=4000万円詐取容疑−愛知県警(時事通信)

 石油取引に関する架空のもうけ話で4000万円を詐取したとして、愛知県警捜査2課などは9日、詐欺の疑いで、三重県桑名市環境政策課長太田耕史容疑者(53)=同県東員町南大社=を逮捕した。 

【関連ニュース】
佐川急便元社員を逮捕=架空発注で代金詐取容疑-1億6000万被害か・警視庁
融資金名目で1億超詐取=東電への売掛債権を偽装
撲滅月間の振り込め110件=警察名乗るカード詐取増加
上司と共謀、生活保護費詐取=450万円、元運転手逮捕
カード詐欺容疑で中国人逮捕=組織トップからの伝達役か

男逮捕 6カ月長男死体遺棄の疑い 妻と義母も死亡 宮崎(毎日新聞)
<ミニカー>プラチナ製トミカ 700万円(毎日新聞)
<国後沖規則違反事件>通信切り操業は銃撃船含む15隻(毎日新聞)
ITによる地域の見守り支援でシンポ―多職種の情報共有がカギに(医療介護CBニュース)
北教組事件 文科相「特例法見直し、慎重に検討」(産経新聞)
[PR]
by 2hclqvr4xv | 2010-03-10 06:18
<< 日弁連会長選 再投票で宇都宮氏... 犯罪より反党行為に厳しく=鳩山... >>